CODEGYM Monthlyの評判を調査!メリット・デメリットを解説!

CODEGYM Monthlyの評判を調査!メリット・デメリットを解説! 複業(副業)で稼ぐ方法

「CODEGYM Monthlyの評判は?」
「メリットとデメリットは?」
「向き不向きはある?」
「注意点はある?」

上記の悩みを解決できる記事を書きました。

この記事では、CODEGYM Monthly(コードジムマンスリー)の無料相談やSNSでの口コミの内容をもとに、評判やメリット・デメリットを解説しています!

記事の前半では評判やメリット・デメリット、後半では向き不向きや注意点を解説していきますね!

CODEGYM Monthlyのデメリット2つ

CODEGYM Monthlyのデメリット2つ

CODEGYM Monthlyに通うべきか悩んでいる方は、デメリットも確認したうえで判断しましょう。

申し込み後に後悔するおそれがあるので、デメリットを必ず確認しましょう!

デメリット

✔プログラミングスクールではない

✔コーチの変更は原則できない

デメリット1:プログラミングスクールではない

CODEGYM Monthlyのデメリットの一つは、プログラミングスクールではないではない点ですね。

プログラミングを教えるのではなく、プログラミング学習をコーチするサービスと言えます。

つまり、プログラミングスクールとは異なり、授業を行うなどはありません。

また、スクールのカリキュラムに従って勉強を進めていくこともありません。

会員は独学でプログラミングを学習します。

CODEGYM Monthlyは、全くのプログラミング初心者ではハードルが高いと思われるかもしれません。

人それぞれに合わせた学習プログラムを立ててくれるのでその点は心配ないです。

CODEGYM Monthlyのよくある質問より

CODEGYMは大学生からビジネス職、フリーランス、経営幹部の方など幅広い方がご活用いただけます。

デメリット2:コーチの変更は原則できない

2つめのデメリットは、コーチの変更は原則できない点です。

コーチとの相性は合う合わないがあるのでできれば変更してもらいたいですよね。

でもそもそもコーチは厳しい審査を通過し、かつマネージャー経験や新人研修経験のある人が中心です。

CODEGYM Monthlyはティーチングではなくコーチングを提供していることからもコーチ陣には自信を持っていますよ。

CODEGYM Monthlyのメリット5つ

CODEGYM Monthlyのメリット5つ

CODEGYM Monthlyに通うべきか悩んでいる方は、メリットを確認したうえで判断しましょう。

メリットを確認することで、自分の目的に合った会社かどうかを判断できますよ。

メリット

✔ここに文章個人のレベルに合った学習計画で進められる

✔ここに文章オンラインで完結する

✔受講料金が安い

✔現役エンジニアから学べる

✔学習できる内容が豊富で目的に合った学習ができる

メリット1:個人のレベルに合った学習計画で進められる

 

個人のレベルに合った学習計画で進められる

プログラミング学習といっても、一人一人スキルも違えば理解度や学習する目的、また学習環境もそれぞれ違います。

CODEGYM Monthlyでは現役エンジニアコーチが一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムを作成し、それぞれに合わせたロードマップで学習できます。

メリット2:オンラインで完結する

CODEGYM Monthlyの講座はオンラインで完結するので、近くにスクールがない方や地方の方にはメリットが大きいですね。

また通学時間がないので、効率的に時間を使いたい方にも適しているかと。

実際スクールの方も、『オンラインは時間を効率的に使えるからオススメ』と言われてましたね。

CODEGYM Monthlyは、スクールに通えない方や時間を効率的に使い方にはオススメですよ!

メリット3:受講料金が安い

受講料金が安い

 

CODEGYM Monthlyの受講料金は初期費用なし、月々24,970円(税込)なので気軽に学ぶことができます。

CODEGYM Monthlyは提供内容をコーチングに絞っているため、プログラミングスクールより料金が圧倒的に安いです。

その上一括払いではなく、毎月お金お金を支払う「定額課金制のサブスクリプションモデル」です。

そのため、もしカリキュラムが合わなくて退会する場合も、サービスを利用した月だけお金を支払えば良く、お金が無駄になりません。

4ヶ月以内に退会する場合は違約金がかかりますが、それも「9,900円」だけです。

一般的なプログラミングスクールは一括払いが多く、途中で退会してもお金が戻ってこないデメリットがあります。

受講料金が安いのは、オンライン学習なので教室の家賃などの固定費を削減できるから。

『安いから学習の質が低い…』なんてことはないので安心してください。

CODEGYM Monthlyは、一人一人のゴールから「在宅で稼ぐための」カリキュラムをオーダーメードするからムダな勉強をしなくて済み、リーズナブルな価格で学べるのも魅力です。

『受講料金を抑えたい…』と考えている方は、CODEGYM Monthlyを検討するとよいかと。

メリット4:現役エンジニアから学べる

現役エンジニアから学べる点もCODEGYM Monthlyのメリットです。

というのも現役エンジニアから学ぶと、現場で使えるスキルや知識を得られるんですよね。

ITスキルの向上と将来の収入アップを目指す方は、現役エンジニアから学ぶのがよいかと。

メリット5:学習できる内容が豊富で目的に合った学習ができる

CODEGYM Monthlyのカリキュラムには、目標に対して必要な学習を必要な分だけ取り組むこと。

豊富な内容からあなたの目的に合ったルートを最短で示してくれるコーチ陣がいることもメリットです。

CODEGYM Monthlyでは、あなたに必要な学習ロードマップを提案してくれます。

学習できる内容が豊富で目的に合った学習ができる

学んだことをすぐに使えるので、成果を実感しやすいというメリットがあります。

確実にスキルを身に付けたい方にはCODEGYM Monthlyが適しているかと。

CODEGYM Monthlyの講座内容と流れ

CODEGYM Monthlyの講座内容と流れ

CODEGYM Monthlyの講座では、主にあなたが学習したいことを学びます。

『教材を見ながらテーマを学ぶ→規定のWebアプリケーションを作る→自分で考えた拡張機能を実装する』

という流れでコースが進んでいきます。

CODEGYM Monthlyは、教材を見て自分で考える自習がメインになります。

自習でわからない点はメンタリングやチャットサポートで解決できるので安心です。

CODEGYM Monthlyには向き不向きがある

CODEGYM Monthlyには向き不向きがある

CODEGYM Monthlyには、向き不向きがあります。

それぞれ解説していくので参考にしてみてください!

向いていない人

1日3時間以上の学習時間を確保できない方
オンラインで学ぶのが苦手な人

向いている人

独学は出来るが継続できない人
何からスタートすれば良いかわからない人
在宅で副収入を得たいと考えている人
地方からオンラインで受講したい方

CODEGYM Monthlyが向いていない人

CODEGYM Monthlyに向いていない方の特徴は下記の通り。

1日3時間以上の学習時間を確保できない方
オンラインで学ぶのが苦手な人

ITスキルを身に付けるため、自分で伸ばしたいスキルを短期間で集中して学習します。

そのため平均して1日3時間以上の時間が必要になり、集中して学ぶので上記に該当する方には適していません。

また、現在のところオンラインしかないので通学したい人にとっても向いていないと言えますね。

「明確に目標はなく、気長に将来キャリアの形成のためにプログラミングをオンライン、通学で学びたい」

という方は、「テックガーデンスクール」がおすすめです。

>>テックガーデンスクールの評判を調査!メリット・デメリットを解説!

CODEGYM Monthlyが向いている人

CODEGYM Monthlyが向いている方の特徴は下記の通り。

独学は出来るが継続できない人
何からスタートすれば良いかわからない人
在宅で副収入を得たいと考えている人
地方からオンラインで受講したい方

プログラミングの独学をやってみたが、1週間で飽きてしまう。

継続が苦手な方はCODEGYM Monthlyがおすすめです。

CODEGYM Monthlyではコーチが定期的に進捗をチェックしてくれるので途中で挫折することがありません。

また「プログラミング学習は何からやれば良いのか。文法を覚えれば良いのか、関数を覚えれば良いのか……」

というタイプにもおすすめ。

CODEGYM Monthlyはコーチが、効率的な学習カリキュラムを組み立ててくれます。

そしてCODEGYM Monthlyはプログラミングを学ぶには相当安価です。

『確実に稼ぐ力をつけたいけど費用は抑えたい方』に向いていますね!

また地方に住んでいるなどの事情でオンラインがよい方にもオススメかと。

CODEGYM Monthlyに申し込む流れ4ステップ

CODEGYM Monthlyに申し込む流れ4ステップ

CODEGYM Monthlyの申し込みの流れを4ステップで解説します!

入校を検討している方は、スムーズに入校するために事前に流れを確認しておきましょう。

【入校までの4ステップ】

無料相談を受ける
申し込みフォームに入力
支払い
申し込み完了

ステップ1:無料相談を受ける

まずはCODEGYM Monthlyのサイトから、無料相談を申し込みましょう!

無料相談を受けることで、スクールの雰囲気もわかりますし疑問点も解決できるからです。

CODEGYM Monthlyに入って自分はどうなれるのか質問してみましょう!

ちゃんと答えを教えてくれるはずですので、受けたほうが絶対おトクですよ!
 

ステップ2:申し込みフォームに入力

入校を決めたら申し込みフォームに入力しましょう!

CODEGYM Monthlyのサイト下部の申し込みフォームに下記の項目を入力してください。

【申し込みフォームの項目】

参加日程
プラン
氏名
氏名(カナ)
メールアドレス
電話番号
生年月日

ステップ3:支払い

申し込みが完了したら、スクールから届く入金案内のメールにしたがってって入金しましょう。

入金方法は、クレジットカードとなります。

入金してアカウントが発行されればカリキュラムを見れるので、早めに入金して予習をしておくとよいですよ!

ステップ4:申し込み完了

スクール側が入金を確認すると申し込み完了です!

チャットサポートを有効活用して、プログラミングスキルを身に付けましょう!

まずは無料相談を受けてみよう

まずは無料相談を受けてみよう

ここまで読んだ方は、CODEGYM Monthlyのメリット・デメリットや、向き不向きがわかったと思います。

最後にもう一度確認しておきましょう!

メリット5つ

個人のレベルに合った学習計画で進められる
オンラインで完結する
受講料金が安い
現役エンジニアから学べる
学習できる内容が豊富で目的に合った学習ができる

向いている人

独学は出来るが継続できない人
何からスタートすれば良いかわからない人
在宅で副収入を得たいと考えている人
地方からオンラインで受講したい方

CODEGYM Monthlyは、『オンラインで将来を見据えた間違いないスキルをつけたい‼』という方にオススメですよ。

興味がある方はまずは無料相談を受けて、現役エンジニアに相談してみましょう。

てつやのプロフィール

てつやのプロフィール

Kalespi Book|運営者てつや

30代/サラリーマン/銀行員/副業ブログ3万以上稼ぐ/Twitterフォロワー数2,000人超/脱サラ目指して奮闘中

▶詳しいプロフィールはこちら

Contact