寒暖差アレルギー?原因不明の咳、くしゃみ、鼻水の正体。

ハックション
Life

皆さんこんにちは。
2020年冬~春は比較的暖かかったですが、急に寒の戻りがあったりで、体調を崩しやすいですね。

私の妻は、最近原因がわからない咳、くしゃみ、鼻水で辛そうにしています。

妻は、特に熱があったりするわけでもないのですが、念のために病院に行きました。

でも原因がも一つよくわからないようで風邪やインフル、花粉症などでもないとの診断でした。

自分の身体に異変があるのに、原因がよくわからないと気持ち悪いですよね。

最近日中または、日によって気温の差がかなりあります(関西先週17℃、今週6℃。。)

なので、もしかしたらそれは、寒暖差アレルギーのせいかもしれません

症状にお心あたりのある方は、一度寒暖差アレルギーを疑ってみてはいかがでしょう?

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれています。

病院のアレルギー検査などで、

花粉やハウスダストといった明確なアレルギーの原因となる物質「アレルゲン」

が発見できないときの症状をいいます。

なので、寒暖差アレルギーと言いながら実質的にはアレルギーではないというわけです。

寒暖差アレルギーは、自律神経の乱れが影響しているといわれており、

日頃からストレスを感じている30~40代女性に比較的多く発症します。

主な症状

以下が主な症状です。

  • 肌の湿疹、かゆみが出ることがある
  • 鼻水、鼻づまり、頭痛、くしゃみ、咳といった症状はあるが、熱がない
  • 鼻水は透明である
  • 食欲低下、胃腸が弱っている
  • ストレスを感じてイライラすることが多い
  • 目の痒みや充血はない

もし上記の症状が当てはまる方は疑ってみましょう。

寒暖差アレルギーの発症タイミングと対処法

発症のタイミング

温度差が7℃以上の時発症しやすいようです。

外出の際はきっちり防寒をして予防しましょう!

また、自律神経の乱れも大きな原因となりますので、

規則正しい生活(食生活、睡眠時間の適切な確保)を心掛けましょう!

対処法は?

  • 一般的な抗アレルギー薬や鼻炎薬 などの市販薬の服用
    多少和らぐこともあるそうです。妻はこれでかなり効果がありました。
  • 自律神経を整えるための食事による栄養素の摂取
    特に ビタミンB1やタンパク質(肉類)ビタミンC(レモンなど)、カルシウム(牛乳や小魚など)をバランスよく摂るといいようです。
  • それでも症状が治まらなければ内科、耳鼻咽喉科などでの受診
    残念ながら根本的に治療する薬はないようです。
    結局アレルギー薬や点鼻薬などでの対症療法となります。

当たり前のことですが、寒暖差アレルギー対策は

防寒対策をきっちりして、規則正しい生活を送って予防すること

が大切ですね。

妻はこれが効きましたのでご参考に。

今日はここまでにします。いつもありがとうございます。

グーペ