ブログでCTR(クリック率)を上げて今より稼ぐ広告の貼り方

ブログでCTR(クリック率)を上げて今より稼ぐ広告の貼り方 ブログ収入を増やす方法
悩めるAくん
ブログを立ち上げたんだけど、全然稼げない
悩めるAさん
アフィリエイト広告を今よりクリックしてもらうにはどうすれば?

ということで今回はズバリ、

ブログのクリック率(CTR)を上げる、広告の貼り方

について、ブログ運営の道筋がわかるように解説していきます!

✅当記事を書いている人

ブログ収益はアフィリエイト中心
ブログ初心者からはじめて今では収益6桁

収益化ブログを目指しているのなら、「CTR(クリック率)」が重要です。

いくら頑張って記事を書いても、クリックされなければ商品は売れません。

毎日クリック率を分析し、記事のリライトは必須の作業になります。

CTR(クリック率)とは?

CTR(クリック率)とは?

CTRとは?

CTR(クリック率)とは、Click Through Rateのことで、ブログ記事内に貼られた広告を見た人のうち何人がその広告リンクをクリックしたか?という数値です。

クリック回数をインプレッション数で割って計算することができます。

✔クリック回数:2

✔インプレッション:100

この場合、クリック率は2%となります。

一般的にクリック率の平均は、1%程度であると言われています。

もちろん広告や記事のジャンルによってCTRは変動するため一概には言えませんが、目安として、「平均1%」を覚えておきましょう。

CTRの確認方法は?

アフィリエイトの場合

各ASPのマイページで確認しましょう。

CTRとして表示のないASPは、先ほどの計算で自分で算出しましょう。

単純なリンクのクリック率であれば、「Google Search Console(サーチコンソール)」で確認が可能です。

てつや
サーチコンソールの導入は必須です

サーチコンソールの導入がまだの方は以下で解説しています。

>>グーグルサーチコンソールの導入方法を優しく解説

アドセンスの場合

自身のGoogle AdSenseのホームへログインしてください。

以下の流れで確認することができます。

「ホーム」
「レポート」
「カスタム」のシート
「ページCTR」

てつや
とても簡単なので定期的にチェックしましょうね

ブログのCTR(クリック率)を上げる広告の貼り方

ブログのCTR(クリック率)を上げる広告の貼り方

クリック率を上げるための、広告の貼り方について解説しますね。

アフィリエイト広告とアドセンス広告とでは貼り方が異なるので注意しましょう。

それぞれ以下の内容です。

▽アフィリエイト広告

・クリック率を上げる「テキストリンク」
・クリック率を上げる「ボタンテクニック」

▽アドセンス広告

・クリック率を上げる「広告の位置」
・クリック率を上げる「広告のサイズ」

アフィリエイトのCTR(クリック率)を上げる

クリック率を上げる「テキストリンク」

テキストリンクは有効です。

特に以下の4つの使い方がおすすめ。

①文章は短くまとめる(13文字)

②文章に埋め込む

③誘導文を書く

④目立たせる

実際に私もブログカードだけで内部リンクを設計していた時よりも、1%以上クリック率が上昇しました。

クリック率1%の違いは大きいですよ。

クリック率を上げる「ボタンテクニック」

以下のようなボタンも有効です。

\ こんな拡声器はおすすめ /

「拡声器」を上に設ける。
「中央寄せ」に配置する。

拡声器はボタンを目立たせて、クリック率を高めることが可能です。

中央寄せは、スマホで記事を閲覧している読者が、「親指」でクリックしやすくなります。

左寄せだと右手でスマホを持っている人はクリックしにくくなってしまいますよね?

配置場所のポイントは?

ズバリ、次の見出しの直前です。

ボタンリンクを組合わせたアフィリエイトリンクは見出しの直前に来るようにして、見出し名も細かくH4レベルまで記載し、紹介する案件の細かい段組をしていく方が良いです。

アドセンスのCTR(クリック率)を上げる

クリック率を上げる「広告の位置」

アドセンス広告の位置は、以下の通りおすすめ順です。

①記事の下

②タイトルの下

③見出しの上

④サイドバー

ちなみに、、、

これ以外にも「関連コンテンツ」という記事の下に貼られる広告機能があります。

関連コンテンツは記事と、「関連性の高いアドセンス広告」が掲載されるため、極端にクリック率が高まります。

しかしこの関連コンテンツは、「一定以上の記事数とPV数」を確保しないと解放されない機能です。

アドセンスで稼ぐ予定の方は、関連コンテンツ解放を目標にしましょう!

クリック率を上げる「広告のサイズ」

おすすめのサイズは、336x280pxです。

通称「レンタングル(大)」という広告サイズになります。

広告サイズが大きすぎると、サイトデザインを崩してしまい危険です。

この「レンタングル(大)」は、PCでもスマホでもちょうど良いサイズです。

あとは、「レスポンシブ広告」もおすすめです。

レスポンシブ広告は、サイトやデバイスに合わせてサイズを調整してくれる広告です。(アドセンス広告でカスタム可能)

タイトル下か見出し上に貼るのがおすすめの広告です。

てつや
アドセンス広告は「位置」が最重要!

ブログに広告を貼るときの留意点

ブログに広告を貼るときの留意点

アフィリエイト広告とアドセンス広告の注意点をそれぞれ順番に解説していきます。

アフィリエイト広告の留意点

アフィリエイト広告の注意点は、「リンクコード(タグ)の改変」です。

リンクコードを改変してしまうと成果が発生しなくなったり、ASP提供のレポートにデータが正しく反映されない危険があります。

原則、リンクコードはそのまま貼り付けましょう。

また、記事の中身が薄いにも関わらず広告を張りすぎると、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるようなので注意が必要です。

アドセンス広告の留意点

アドセンス広告の注意点は、ズバリ、「自動広告」です。

Google先生はなぜか、「自動広告」をオススメしてきます。

ですがこの自動広告は、サイト全体に勝手に広告を配置するのでせっかくカスタマイズした、サイトデザインが崩壊してしまいます。

気にならない方はもちろん問題ありませんが、アフィリエイトブログなどサイトデザインを整えたい方は、この自動広告を、「オフ設定」しておきましょう。

ブログのCTR(クリック率)を上げる方法まとめ

ブログのCTR(クリック率)を上げる方法まとめ

いかがでしたか?

CTR、クリックが増えることでブログ収益化が加速します。

ブログのクリック率を上げて、成果に結びつくような試行錯誤を重ねていきましょう!

それでは本日はここまでにします。

いつもありがとうございます。

てつやのプロフィール

てつやのプロフィール

Kalespi Book|運営者てつや

30代/サラリーマン/元銀行員/複業コンサルタント/Twitterフォロワー数3,000人超

▶詳しいプロフィールはこちら

Contact