コロナウィルスを契機とした貿易保険の利用検討について

Overseas business

こんにちは、てつやです。

本日は、海外展開における対象国、取引先の信用リスクなどに対するリスクヘッジとして、貿易保険について記載いたします。

現在、感染拡大の影響でサプライチェーンが寸断されたりして、日本企業の海外工場などが休止を余儀なくされることが相次いでいます。
それを受け、

NHKニュース 2020年3月29日 より

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で日本企業が海外の拠点で事業の休止を余儀なくされるケースが相次いでいることから、政府系の保険会社「日本貿易保険」は、こうした企業が負担する人件費などを保険の対象とし、支援を強化することになりました。

といったニュースが飛び込んできました。

その支援策についてわかっていることは、 3/29(日) 7:15配信 YAHOOニュースを参考とすると、

Point!

  • 新型コロナを自然災害などと同様に、不可抗力が発生したとみなす
  • 投資先の海外工場などが原則1カ月以上休止した場合や、輸出契約の相手が倒産したり、3カ月以上の不払いが起きるなどの損失が発生した場合に保険金を支払う
  • 通常は特定の国の取引のみを保険対象としているが、サプライチェーンが全世界に広がり、他国からの部品供給が停止したことによる損失にも対応
    (例)タイの工場の案件で保険をかけているが、中国からの部品供給途絶で休止した場合

つまり、今回のコロナの影響が保険金の支払事由に該当するということになりますね。
また保険対象国だけでなくサプライチェーンであればコロナウィルスの他国の影響まで保険金支払いに応じる可能性があるということは非常に心強いところですね。

貿易保険の重要性については常日頃からお客様にお話させていただいているのですが、万が一の備えとしての保険料の支払いは決して低くはない費用ということもあり、全ての事業者の方に響くわけではないです。

ただ今般のような不可抗力が発生した際の備えとして、コロナ禍が過ぎ去った後も貿易をされていく事業者の方には、貿易保険の利用を今一度検討してもらうきっかけとしてもらえれば幸いです。

貿易保険とは

貿易保険は日本企業が行う海外取引(輸出・投資・融資)の輸出不能や代金回収不能をカバーする保険です。

具体的には、

  • 貨物を船積できない
  • 貨物代金が決済されない
  • 投資先が事業不能になる
  • 貸付金が償還されない

といったケースをカバーします。

ちなみに、海上保険も同じく貿易に関する重要な保険ですが、これは 海上輸送中の商品の滅失や毀損など、物理的な損害を補填する保険です。

日本貿易保険(NEXI)とは

貿易保険への民間保険会社の参入は自由となっていますが、その引受の中心は政府(経済産業省)100%出資の独立行政法人である「日本貿易保険(NEXI)」が担っています。

貿易保険の加入者の9割以上はNEXIであるので、貿易保険=NEXIみたいな認識です。

2018年の収支状況を見てみると、
保険料収入は安定していて、収支は過去10年ではプラスとなっています。

1991年の湾岸戦争の際に支払保険金は大きく膨らんだものの、その後は大きな支払発生事由はなかったのも一つの要因ですね。

NEXIの収支推移
2018年度業務実績(NEXIホームページより)

NEXIがカバーする海外取引のリスクとは

海外におけるリスクとは様々なものがありますが、対象国のリスク(カントリーリスク・非常危険)と取引先のリスク(信用危険)に大別できます。

対象国のリスク
  • 為替取引の制限・禁止、輸入の制限・禁止
  • 戦争、内乱、革命
  • 支払国に起因する送金支払遅延
  • 制裁的な高関税、テロ行為
  • 経済制裁
  • 収用
  • 自然災害、その他、契約者の責めによらない事態 etc
取引先のリスク
  • 取引先の破産、破産に準ずる事由
  • 代金決済日から3ヵ月以上の不払い
  • 外国政府の輸出契約等の一方的キャンセル  etc

上記のリスクをカバーすることが可能なんです。

NEXI取扱保険概要

保険種類については大別すると以下があります。

  • 海外取引先に対する個別保険、包括保険
  • サービスや知的財産にかける保険
  • 輸入に対する保険
  • 投融資に対する保険

保険料については、対象国におけるリスク度合いや、取引先の格付状況を加味した上で、商品種類に応じて保険料が決まります。

対象国は、リスク度合いに応じて引き受けができない可能性もありますので、個別にご相談ください。

おわりに

NEXIは今回のコロナウィルスの影響を受け、わりと迅速に対応していると思います。

貿易取引は、予測できないアクシデントやトラブルに巻き込まれる場合があります。
そのようなリスクを回避するためにも、貿易保険について把握し、目的に合った保険に加入しましょう。
貿易取引のリスクをカバーする貿易保険は、コロナウィルスを機に今後ますます重要になってくるでしょう。

「とりあえず企業のニーズにあった商品の概要を聞きたい」ということであれば、提携先の金融機関を通すと一部保険商品の保険料が割引となりますので、ご利用の金融機関にまずはご相談を。
提携金融機関はコチラ

では今日はここまでにします。いつもありがとうございます。

グーペ