キャスコドルフィンウェッジと、キャロウェイJAWSウェッジ購入(感想あり)

ゴルフクラブ紹介 ゴルフ

いよいよゴルフシーズン到来ですね。

その証拠(?)にいつも休日に行っている練習場が珍しく順番待ちでした(2020年3月29日時点)

先日、キャスコのドルフィンサンドウェッジ(SW)とキャロウェイのJAWS MD5アプローチウェッジ(AW)を購入してきたのでご紹介します。

ぼくはアプローチやバンカーが苦手なので、 ヘッドが大きくてソール幅が広いモデルを探しました。
どちらもスイングのミスを許容してくれるので、初心者や月イチエンジョイゴルファーにオススメです。

本日購入したウェッジ

(キャスコ)ドルフィンウェッジ DW-118 N.S.PRO 950GH

キャスコ/ドルフィンエッジ
イルカがかわいい
スペック

  • 重量:446g
  • ロフト角:56°
  • ライ角:63.5°
  • 長さ:35.0インチ
  • バンス角:センター7.0°、ヒール3.0°、トゥ0.0°

バンカーが苦手な人でも楽に脱出できる!
『潜らない』ソールから『潜らない×刺さらない』ソールへ(キャスコホームページ)をコンセプトとする
『ドルフィンウェッジ』とは「プロでなくアマチュアにとってやさしいウェッジが作れないか」ということで、

  1. アベレージゴルファーにとにかくやさしい
  2. バンカーからでもラフからでもとにかく抜けがいい
  3. バンカーからはフェースを開いて…など、特に技術を使わなくても簡単に脱出できる

抜けという観点からソールにこだわりのあるウェッジです。

個人的にはなんといってもこのイルカのデザイン可愛いですね。

これまでSWは一度も購入したことがなく、もらった無名メーカーのもので凌いできたのですが、SWはシャンクが出やすくて苦手なクラブでした。
しかし、このクラブはどうやって打ってもスコーンと抜けボールが上がる感じがありました。

かなりやさしいSWなので、オススメです。
ちなみに、ロフト角は48°~64°まで2°刻みにラインナップがありますので、自分のピッチングウェッジ(PW)のロフト角に合わせて揃えられるのがいいですね。

(キャロウェイ)JAWS MD5 N.S.PRO 950GH neo

キャロウェイ/ジョーズ
サメっぽいデザインがオシャレ
スペック

  • 重量:約448g
  • ロフト角:50°
  • ライ角:64°
  • 長さ:35.5インチ
  • バンス角:12°

『ガブリと、止まる』(キャロウェイのホームページ)をコンセプトとする
『JAWSウェッジ』とは新たな形状の溝である37Vグルーブが特徴です。
溝に緩やかな角度のデザインを採用したことで、フェース上の溝のエッジ部分は、規制の範囲のなかで最大限、鋭角なものとなりました。
フルショットだけでなく、短い距離のアプローチまで、安定して大きなバックスピンを生み出せます。

個人的にはまさにJAWSのようにがぶりと食いつきそうなデザインが気に入りました。

44°のPWとSWの間のクラブを持っていなくてギャップを埋めるために今回、50°AW購入しました。
個人的には、打感は爽快ではないです。
また、簡単に打てるという感じでもないですが、多少ダフってもソールが滑ってくれてちゃんと飛んでくれるあたりに、かなりのやさしさを感じます。

そして、ほんまにビタッと止まります。
スコア100前後のエンジョイゴルファーのぼくが、他のアイアンと同じように打って、こんなにバックスピンてかかるのかと驚きでした。

おわりに

今回、ボロボロでシャンクばかり出るSWの買い替えに合わせ、PWとのギャップを埋めるためにAWも購入しました。
意図したわけではないですが、イルカとサメという海の生物の組み合わせとなりましたね。
悠々と海を泳ぎまわる彼らのように、この2本のギアを手に入れてゴルフコースも悠々と攻略していきたいと思います。

次回のラウンドが楽しみです。

皆さんも楽しいゴルフライフを!!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。